Image by Adalia Botha

ATSUKO Lab

 

ATSUKO Lab

ART  ×  DESIGN

美術家Atsuko Sasakiが手掛けるブランド、ATSUKO lab

暮らしの中に必要とされるモノ、共に時を刻むモノたち。

人によって無機質にデザインされている「モノ」はそれぞれの空間に固定されている。

私はそれらを眺めると、シンプルでクールだけど何処か冷たくて自由を奪われてるようにも思える。

モノたちは「モノ」としてもっと意思を持って居心地の良い場所を探すような「まるで生き物のようなモノ」であったら?

人間と対話し共に暮らす「機能と意思」を持つモノ、

それらを有機的な形状や媒体から表現できないかと考えます。

アート×デザインの融合という観点から、人とモノの関係性の在り方を提案します。

自然は完璧な美をそこに用意しているのに、人間が何を今更創造することができるでしょう。

そんな気持ちを抱えながらも美しい羊毛や天然素材の力を借りて、

環境を汚さない、土に還る素材で、丁寧な手仕事と発想で、

自分自身が本当に使いたいモノ、世間のモノでは満足できない拘りのあるものだけを作っています。

もっと翼を広げて自由に

そして強く美しくしなやかに。

EC15E09B-3A87-4E1A-B5DD-A793560257B3_1_201_a_edited.jpg
 
IMG_3268_edited_edited.jpg

Felt pieces "seaweed"

​ワカメの形状をしたフェルトのピースを好きな穴にはめ込んで

自由に繋ぎ合わせる

大きさも形も無限大

使い方も無限大

ランプ、タペストリー、マフラー、帽子、ドレス


フェルトピースのカタチは規則性をもちません。

ATSUKOが描いたワカメのドローイングを形にした唯一無二の形状をしています。

そのため、組み上がった生地には様々な表情が現れ、凸凹とした立体感がでます。

そこには、どの穴に入れても間違っていることなど何もなく、

貴方がワカメピースと対話しながら自身の手で自由と個性を表現できる

無限のチャンスが広がっています。

 
 
3B52A9C3-6FCF-4125-BD54-67D1ABC39A14_1_2

Felt pieces Lamps "seaweed"

規則性を持たないアートピースランプ

​ワカメ型のフェルトピースを自由に穴に入れて繋ぎ合わせる。

そこには無限大の遊びと楽しみがある。

ボタンの掛け違えはまた違う穴に入れるだけ。

間違っていることなんか、何も、ない。

​新たな発見があるだけ。

フェルトピースランプ ”ワカメ”

 

上質な羊毛のフェルトピースを

好きな形に

好きな数だけ

繋ぎ合わせて

暖かいだけじゃない

個性を表現する

​アクセサリー

Felt pieces muffler
"swaying seaweed"

フェルトピースストール
”ゆらゆらワカメ”

2021-03-18 13.01.31 (1).jpeg
 
 
42432290-CFC4-468E-959A-329D586665F8.JPG

​​フェルトについて


特徴、特性

・羊毛は吸湿力が高く、外の湿度に応じて水蒸気を吸ったり、放出したりします。

​​そのため冬は暖かく、夏は涼しい素晴らしい天然素材です。

・キューティクルは水滴をはじく性質があり、水溶性の汚れは染み込みにくいため汚れがつきにくいです。

・繊維がコイル状の分子鎖になっていることから、弾力性があり、シワになりにくく型崩れしにくいです。

・タンパク質でできているため窒素や水分を多く含み、熱で溶けることはなく火炎を離せば燃え止まります。

 そのため、消防服や航空機のインテリアにも使用されています。


環境に優しい

・ひつじは年に一度は必ず毛刈りをするため、繰り返し獲ることができます。

・微生物によって分解され、土に還ります。


お手入れ

・虫に食われる可能性があるため季節の収納時には防虫剤の使用をお勧めします。

・使用するうちに摩擦によって毛玉ができることがあります。ハサミや毛玉取りでカットしてください。

​​・機械織のフェルトをカットした製品はほつれませんが、使い始めカット面の切り口から毛羽が落ちます。


ATSUKO labでは、羊毛フェルトの生地とポリエステルフェルトの生地をそれぞれの特徴を活かせるように、

製品によって使い分けています。

 
IMG_0876%20(1)_edited.jpg

ATSUKO Lab

​​正規品の証明


全てのカットピースの作品には本物の証として

ATSUKOが手刺しでフェルティングした

朱色の球体モチーフが付いています。

たったひとつの朱色の球をニードルで刺して制作するのに一時間かかります。

​でもその手間はお届けする前に想いを込める最後の大事な時間だと考えます。

​ギャランティーカードも付属します。



ACTIVITY

創造することにより情熱をお伝えしたいと思っています。

丁寧な手仕事の職人さんのお力もお借りし、

少量生産出来る体制を整えていきます。


プロジェクトや店舗用ディレクションも行っております。

常に新しい挑戦の機会も探しています。

コラボレーションに関する情報や、他のプロジェクトへの対応状況につきましては、是非お問い合わせください。

We also direct projects and stores.

We are always looking for new challenges.

Please contact us for information on collaboration and for other projects.

                

                                                   ATSUKO

 

CONTACT

送信が完了しました。